いろんな感染経路がある

Common drugs

性器クラミジアは感染者との性交渉や粘膜同士の接触により感染します。また、オーラルセックスにより、ノドに症状が出る場合もあります。その主な症状は、かゆみや痛みですが、自覚症状を伴わない場合も多々あります。そのため、感染していることに気づくことができない場合もあります。もしも、クラミジア感染を疑ったら、まずは医療機関を受診してみると良いでしょう。クラミジアはもちろん、その他の感染症に感染している場合でも検査や治療をすすめることができます。何らかの事情により医療機関を受診することが難しい場合は、通販で購入できる検査キットを利用するのも良いでしょう。自宅に居ながら検査することができます。治療薬については市販されていません。けれども、個人輸入という方法はあります。

医療機関を受診する場合は、医師の指導に基づき薬を服用することで治療をすすめることができます。処方される抗生物質は飲み続けることで効果を発揮するため、飲み忘れには注意が必要です。また、個人輸入により薬を入手する際は、薬の用法容量をしっかりと確認することが大切です。薬自体には日本語での表記がない場合も多いため、購入する際にショップのサイトを熟読しておくことをおすすめします。輸入先や薬の成分についてはショップによって異なります。信頼できるショップを選ぶことは大切でしょう。クラミジアは性交渉により感染します。自身が感染していた場合は、移しあいを避けるためにもパートナーが感染していないかどうかの確認をすることも大切です。